初めての方へ|立川で歯周病治療なら「田中歯科医院」武蔵砂川から徒歩圏内

042-537-2125年中無休

  • 電話受付9:00~21:00
  • 診療時間9:00~22:00

21時以降はお電話がつながりません

FIRST

医院コンセプト

当院の治療コンセプトは「できるだけ患者さまの歯を残す」ことにあります。わたしは大学病院で、歯周病を懸命に学びました。

虫歯と歯周病。
この二つが、歯科医の大きなターゲット。
だから次に、歯周病とはなにか追求しようとしたのです。
歯と歯ぐきのあいだから、細菌(原因菌)が侵入し、歯と歯ぐき、歯根膜といった歯周組織を壊してしまうおそろしい病気が歯周病です。

歯周病には、歯肉炎と歯周炎の二つがあります。
歯肉だけに炎症が生じた場合を歯肉炎といい、さらに症状が進み、炎症が骨にまで及んだ場合を歯周炎(いわゆる歯槽膿漏のこと)と呼んでいます。
歯周病は、歯そのものがおかされる虫歯とはちがって、歯を支える歯ぐきや骨などが細菌によってそこなわれてゆく、とても質の悪い疾病です。
ともに細菌が原因となる虫歯と歯周病。
二つの病を通じて、わたしは「できるだけ自分の歯を残すこと」の大切さに気づきました。

もし虫歯ができたら、さまざまな方法で治療しなければなりません。
歯を削ったり、抜いたり。場合によっては義歯を入れたり、インプラントを埋め込む必要があります。
これは歯周病もかわりません。
けれども、天然歯(うまれつきの歯)は、削ると歯そのものが弱くなることがある上に、それを抜いて、人工の歯を入れると、人体と人工物のあいだに、どうしても不具合が生じてしまいます。

俗にいう、顎(あご)が細くなるという状態は、治療の結果、弱くなった歯が、歯茎や筋肉や骨によくない影響をあたえて、全体のバランスがそこなわれたためだと考えられます。
ですから、もし虫歯や歯周病にかかっても、人工物による処置は最低限にとどめて、なるべく、天然歯を残すように処置することが、体にとっていちばん自然なことなのです。

インプラント治療は、こうした義歯と口腔(口の中)の不具合を乗り越えようとして考案された画期的な技術ですが、生体に人工物をはめ込む以上、継続的なメンテナンスがどうしても欠かせません。
ようするに、虫歯や歯周病にならないように毎日十分気を配り、予防に努めることがいちばん大切だということです。
わたしが大学院時代に気づき、その後、現在までの毎日の診療を通して肌身にしみて感じてきた「できるだけ患者さまの歯を残す」というこだわりは、ことばを代えると、「無理のない治療」ということになるでしょうか。
その場しのぎの乱暴な施術や、ほんとうなら必要のない過剰な治療など、患者さまのお気持ちをかえりみない歯科医の独善的なおこないを、残念ながら、ときおり耳にすることがあります。
それは多くの場合、「無理のある治療」の結果だと思います。

そうではなくて、当院は患者さまとの対話を最も大切なものだと考えております。
患者さまと医師、そしてスタッフ全員がそのつどチームとなって、理想的な治療というゲームを展開することが、当院のこだわりであり、モットーなのです。

当院では、そうしたコンセプトに基づいて、本当の意味で患者さまのためになる最善の治療法をつねに模索しつづけております。

予約について

当院では、患者さまのスムーズな診療のために予約制をとっております

  • 初診の方

    初診の方で、ネット予約後に当院から折り返し電話が無い場合は、必ず日時確認のお電話をいただけますようお願いします。

  • 再診の方

    必ずお電話にてご予約をお願いします。一度でも来院された方は、ネット予約の対応はしておりません。

駐車場について

当院では駐車場を6台ご用意しています。
ここ以外の場所は当院の駐車場ではありませんのでご注意ください。
※駐車場No.7, 8(地図D)では、前向き駐車にご協力ください。

  • 看板(地図A)

    駐車場 No.1~4(地図B)

  • 駐車場 No.7, 8(地図D)

スリッパとトイレについて

当院では、院内感染防止のため共用のスリッパを廃止しました。
来院の際、ご希望があればご自分のスリッパをご持参ください。
また、感染予防対策として、現在共用のトイレは使用中止とさせていただいております。ご了承ください。